暮らしと写真と、家族の日記。
Beige
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
献花
2008年 09月 24日 (水) | 編集
捧花
CONTAX Aria

朝、6時58分。
1通のメールが届いた。
兄のお嫁さんからだった。
その内容は私が全く予期していないもので。
実家の愛犬が亡くなったことをしらせるものだった。
愛犬は、トイ・プードル。
我が家に来たのは私が高校2年の時。
ワケあって安く譲っていただいた。私がお年玉から出資した。

ずっと心臓を患ってた。
ちょっと走ったりすると、苦しそうにセキをしたりしていた。
心臓病だから・・・長生きはできないかもな、と思っていたけど。
こんなに別れが早く、それも突然やってくるだなんて。
思ってもみなかった。
長女が家にいる間はバタバタとしてしんみりする余裕もなかったけど
今こうして落ち着いてみると、いろんな思い出がよみがえる。
一緒に毎晩眠ったこと。
カミナリの激しい夜は怖がって震えて、私も寝ずにつきあったこと。
ダンナと一緒に散歩したこと。
脱走したのをつかまえに行ったこと。
普段思い出さなかったようなことが、鮮やかによみがえってくる。

今は一緒に暮らしていないから、実感がないかも。
涙は流さないかも。
なんて思ってたけど、そんなことは全くないんだね。
胸がイタイ。

最期に一目会って抱きしめたい。
でも、出来ない。
お義母さんは仕事。家には私と赤ちゃんだけ。
赤ちゃんだけおいて、家を出ることなんて無理。
会うことすらも出来ないのが悔しい。


ごめんね。
今すぐにとんでいけなくて、ごめんね。
会いたいよ。会いたかったよ。
苦しくなかったかと、頭を撫ぜてあげたいよ。
せめて今日は、1日中きみに思いを馳せているからね。
copyright (C) Beige all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。