暮らしと写真と、家族の日記。
Beige
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
風 景
2009年 12月 03日 (木) | 編集
FH010032.jpg
camera:CONTAX Aria


日没間際のこの色と空気が、なぜか胸を打つんです。







なんとなく、風景写真を撮るということは
あまりなかったように思います。
たぶんたくさんの人が撮ってるし
それだけたくさん写真が見られるということだし。
私もわざわざ撮ることはないなと思ってました。
「ありふれてる」という言葉がしっくりくるかも。

でも、私が見た景色は、私しか撮れない。

あるときふとそう、気付き。
当たり前のことなのに、見過ごしていた事実。
自分が過ごしたそのときの記憶。
誰かと過ごした特別な時間であっても、そうではなくても
ただの仕事の帰り道であっても
それはそのときだけのもの。
その1枚を残せるのは私だけ。

「ありがちかも」「ブログにアップできないかも」という、
そんな浅い計算も狙いも全て取り払って
目の前にある光景を撮りたいように純粋にフィルムにおさめる。
その行為はなんだかとても大事に思えて。
これはきっと、私にとって必要なことなんだなと実感したのでした。
copyright (C) Beige all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。