暮らしと写真と、家族の日記。
Beige
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
:::
2013年 05月 10日 (金) | 編集
FH020006.jpg
CONTAX Aria


ああ。そろそろ写真が尽きてきたわ・・・。
でもまだ未現像のフィルムが何本か・・・^^;

明日にでも現像に出そう!!!
ひとそれぞれ、好きなワード、弱いワードってありますよね。
それまで興味のない事柄だったのに、そのワードを秘めていると知ったとたん
急にギンギンにアンテナ惹かれまくるっていう。
てか、惹かれるんじゃないの。
引かれるの。

それが、私にとっていくつかあるのですが、そのひとつがマラケシュ。
きっかけは、小説です。
中山可穂著「マラケシュ心中」。
何度も読みたいとか、ラストが印象的だ、とか
そういった感想は一切ないのですが、マラケシュを舞台にした最後のドラマが
もうなぜだか心に焼き付いて離れず。
同性愛とか全く興味ないのですけどね(そういう内容絡んでます)
最後の方の愛情というか愛憎というか・・・ドシンときました。
本当に、マラケシュの舞台がよく合う小説。
以来、マラケシュときくと、耳と心がピーンときてしまいます。

そんな私にとってピンときてしまったのが、
イヴサンローランの夏のメイクコレクション・・。
5色のアイシャドウパレットの品番が「マラケッシュ サンセット」。
サンローランが愛したマジョレル庭園が舞台なのでしょうか?
ブラウン(カーキ?)、コーラル、ベージュ、ゴールド、パープルの色彩が美しい。
YSLはね、とにかく色が綺麗、ラメが綺麗、色が濁らない、
色を重ねると新たな色を作れるという、稀有なブランドです。
基本メイク品はシャネラーな私ですが、YSLは別格です。
目元がパレットになったかのように、色彩鮮やかに描けるのがYSLです。
そんなYSLからマラケシュですと!?欲しすぎるでしょ><
でも・・お洋服が欠けてきてるので我慢我慢・・・・!!!!


そしてそのYSLから、ただいま素晴らしい口紅が出てます。
艶あり、重く無し、ベッタリ感皆無、YSLにしては珍しく乾燥せず。
唇が染められたかのような発色の仕方で、透明感抜群。
なのに唇の地が赤い方でもしっかり発色するという、これまでにない口紅です。
しっかりクリーミーな質感がお好みの方にはオススメできませんが
軽いタッチの口紅がお好きな方には、今一番おすすめしたい口紅です!ぜひ!!

流行のインパクトリップなら、モデル色の6。フューシャカラー。
コーラル系オレンジなら14。
ベーシックなヌーディーピンクなら8。
ベーシックなレディピンクなら13。
白っぽいミルキーコーラルなら15。
ヌーディーカラーがお好きな方なら11。←スティックはブラウンだけどベージュです★
YSLらしく、冒険色からベーシックカラーまであるので
お気に入りの1本が見つかると思いますよ^^
あ、でもあまり強くないけどフルーツの香りがするので
無香料しかつけませんという方にはオススメできません・・。
が、従来のヴォリュプテよりは香りがきつくないです^^
ヴォリュプテは嫌いですが、ヴォリュプテシャインはかなり気に入りました♪


パッケージはメリーゴーランドからイメージされたものだそうです★
Comment
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Beige all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。